Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
7 Fantasmes of a Woman
7 Fantasmes of a Woman (JUGEMレビュー »)
Karl Lagerfeld
ヘレナがモデルとして参加w
RECOMMEND
RECOMMEND
処刑人
処刑人 (JUGEMレビュー »)

死ぬほどスキよこの映画
RECOMMEND
コーヒー&シガレッツ [DVD]
コーヒー&シガレッツ [DVD] (JUGEMレビュー »)

コーヒーとタバコは必要不可欠?


Visit cwtv.com/shows/supernatural







ブログランキング
人気blogランキングへ
ブログランキング
ブログランキング
人気ブログランキング・ブログ検索:ランブロ
人気ホームページランキング
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
FAVORITE

Norman Reedus

Sean Patrick flanery

Viggo Mortensen

Johnny Depp

Orlando Bloom

Hobbits

Heath Ledger
Jake Gyllenhaal

Gael Garcia Bernal

Calum Gittins

Jared Leto

Mathieu Kassovits

Gale Harold

Gaspard Ulliel

Garrett Hedlund

Jared Padalecki

Jensen Ackles

Josh Holloway

Vincent Gallo

Wentworth Miller
訪問者
イケメン写真館
是非コチラにもコメントくださいませ〜

PROFILE
FAVORITE LINK
DeAr
Movie & Cigarettes
キマグレなヒトリゴト
4U -for you
海外ゴシップblog
パイレーツ・オブ・カリビアンの鉄人
ゴシップニュース
models blog
SuperModelGossip
海外ゴシップblog
パイレーツ・オブ・カリビアンの鉄人
ゴシップニュース
models blog
SuperModelGossip
スリーエム。
映画とはずがたり
海外ドラマ最新情報発信源。
Stargirl's Journal
UNO LA MELA
海外ドラマとムービーと・・


FAVORITE FASHION MAGAZINE LINK
VOGUE.com(UK)
VOGUE.com
ELLE ONLINE
ELLE PARIS
PREMIERE
VERO MODA
High Fashion Magazine
NYLON



OTHERS

Polka dot movie

とにかくイケメンスター達には目がない
映画ジャンルも幅広いミーハー的映画レビュー&
大好きなHelena Christensen、Norman Reedus、Jake Gyllenhaal、Wentworth Miller、Sean Patrick flanery、Gaspard Ulliel、Garrett Hedlund、Viggo Mortensen、Johnny Deppの情報を中心に最新ゴシップやセレブ情報をお届け。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * - *
オーランド資生堂UNO 120秒CM!
先日お伝えしたオーランドがキャンペーンモデルとなった資生堂のUNO120秒CMがyoutubeにあがっていました。



雰囲気がもの凄くいいです、ショートムービーっぽくて
海外のファンの方達にもこのcmはもの凄く好評みたいで嬉しいですね。
120秒CMが流れるのは24日のたった一夜限りだったので、これはある意味貴重ですよ〜


* Orlando Bloom * 00:11 * comments(0) * - *
伯仲同道カップルで登場?!
こっちも凄い情報が遅くなっちゃって、もう知ってる方はいると思いますが
オーリィったら『スーパーマンリターンズ』のプロモで来日してたケイトちんと一緒に再び来日しましたねぇーーw
今開催中のFUJIロックの方にも、ケイトと一緒に出ちゃってまあ!
居合わせた人たちはかなりビックリしたことでしょう。




てか、もう伯仲同道宣言ですねぇ♪
次回作も、ケイトとカップルで共演だし!

そしてオーリィのビックリ変顔☆



これは一体?!(((゜Д゜;))笑
* Orlando Bloom * 23:36 * comments(0) * trackbacks(0) *
エリザベスタウン
エリザベスタウン 「エリザベスタウン」オリジナル・サウンドトラック

公式サイト/海外公式サイト


大成功だと思って売り出した新製品は予想外の9億7000万円の大赤字。
その上この靴を考えだしたドリューは全責任を押し付けられ辞めさせられるんです。
家に帰って途方にくれたドリューは、自殺をしようとするんだけど
それを邪魔するかのように携帯が鳴ってドリューは、無視して自殺を再会しようとするんだけどまたちょうど良く鳴る着信音。
仕方なく出ると、妹から伝えられた


「父さんがなくなった」と言う悲しい知らせ。


父の葬儀のことと、紺のスーツを届けに、エリザベスタウンへと向かうため飛行機に乗り込むんだけど
頭の中では、まとまらない考えがいっぱいに占めてて落ち着かない。
静かに眠りにつきたいのにいきなりドリューに話しかけてきた馴れ馴れしい客室乗務員。。笑

最初はウザがってたんだけど、彼女と話してる内に心が安らいで行くのを感じるドリュー。



そしてエリザベスタウンに着いてみれば、何故か自分を見て手を振ってくる見ず知らずの人達。
まるで自分の知り合いみたいに。

そして父が死んだと言うのに何故か笑顔や笑いが絶えない親戚や近所の人達に戸惑い、頭は混乱疑問が浮かぶばかり。

だけどみんながこんなに笑っているのも
寂しさをまぎらわす為に、ごまかしてる感じに見えました。
ドリューのパパはホントにみんなに慕われてたんだなぁ〜


でも、ドリューのパパについて劇中であまり紹介が無かったので
どんなパパだったのかは謎。
だから、パパについては感情移入できなかった部分もちょっと。。(;´д`)
もし全編を通して、パパとの思い出みたいな感じで振り返るって感じだったらまた違った感想になってたと思いますが
車の中でドリューが楽しそうに"パパと会話"してる場面は笑みが零れると共に泣きそうになりましたw


そして、段々といい感じの雰囲気になってくドリューとクレアねw
ドリューは、随分クレアに支えられたなぁと思います。
クレアはそのつもりはなくても、彼女と話してるだけで
自分の話を聞いてもらう、彼女の話を聞いてるだけでドリューの
心は寂しさや、押し寄せる色々な悩みから少しでも解放されたと思うし。



クレアが作ったロードマップは、父を無くした悲しみや嫌な事から逃げるんじゃなく
ちゃんとあなたが(ドリュー自身がね)受けとめて、旅の中で”サヨナラ”してきたら?って思いが込められてたんじゃなぃかと思います。


確かに誰だって人生最大に嫌な事があったら、考えたくないし
その場から逃避したくなる。
その上、立て続けに不幸な出来事が続いたら尚更!

でもそこで自分が逃げて立ち止まってたら
そこから先には何時まで絶っても進まないし、乗り越えられなぃ。





クレアが劇中でドリューに言ってたように


「たかが大失敗したくらい何よ!」

失敗しても、逃げないで根性でしがみついて
笑って見返す!


まさにその通りかもねッ!
何気無い言葉かもしれなぃけど、何か彼女のその言葉に
気付かされた気がします。

自分に最悪な出来事が起きた時って、その問題は自分自身にとってはとっても大きな問題で
第三者になんか、この大変さが分かるもんか!って周りが見えなくなってしまうものですよね(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/


でも、誰だって同じように失敗した事があるし
今までに失敗したりつまづいたりしたことない人なんて居る訳がなぃ。
生きてれば、必ず人生で一番最悪な出来事があるんだから一回位の失敗で何だーーだッ!!笑


前向きに考えさせられた♪


全体的にゆったりした雰囲気で見る事ができましたね。
癒されるというか、ほのぼのすると言うかw

カントリーな音楽達も、本編と合っていた感じだし
何より、ドリューがクレアから渡された
お手製の旅マップで旅している時に、父との思い出に浸りながら泣くドリューの後ろで流れるエルトル・ジョンの曲がまたイイ!!

何かこの映画見終わった後、無性にオーリィの事が可愛いくて仕方なかったですw笑

DVDに、特別版として劇中でクレアがドリューに渡したCD付きロードマップをイメージした音楽解説付ロードマップが入ってたんです。
流れるサントラの曲の題も書いてあって、あたしもi-podにその曲の順に
エリザベスタウンのサントラの曲を入れたいなと思いましたw
DVDやサントラのパッケージも可愛くて何かこう言うの好きw


でも、オーリィの喋るアクセントが普段と全然違くて最初誰がナレーションしてるのか分からりませんでしたw笑
オーリィはイギリス訛りののアクセントが強いから、ドリューの役柄の為にアメリカのアクセントにしたんですね!


そして、私が知ってる聞くと後でDVDを見返したくなるかも情報としては(笑)


多分知ってる方はいらっしゃると思いますが

ドリューとクレアが墓地を散歩してるシーン
ドリューがクレアの背中に何かを入れて
クレアが悲鳴をあげる場面があるんですが、実はあのシーンは




アドリブだそうですw


オーリィがふざけて、枯れ葉をキルスティンの背中に入れたら
キルスティンが、虫の抜け殻でも入れられたのかと思って大声で悲鳴をあげちゃったんだそうですw
そんなキルスティンに無情にも笑ってるオーリィ。
その後、オーリィの肩をバカッ!て感じでバシンと叩くキルスティンが何だか可愛いです☆

女性はあの叫びたい気持ち分かりますよねぇー((;°Д°)))ゾゾゾ
オーリィも可愛いイタズラするんだから!笑



ストーリー


突然の解雇、恋人との破局、そして父の死。
僕はあの時、生きる力をなくしていた・・・。
生活を犠牲にしてまで8年もの間情熱を傾けてきた、新しいシューズ開発のプロジェクトが失敗。
商品の返品が相次ぎ、デザイナーのドリュー(オーランド・ブルーム)は解雇される。
しかも6日後には、彼ひとりの責任として、企業の損失がビジネス紙で公表されることに…。
夢に破れ、生きる気力を失ったドリューは、世間の失笑をかう前に人生を終わらせる覚悟をする。
そこに、追い討ちをかけるように知らされる父の死―。
失意の中、父の故郷であるケンタッキー州の小さな街、エリザベスタウンへと出発する。
親戚たちとの触れ合い、初めて知る亡き父の姿、新しいロマンス――美しいその街で過ごすうち、ドリューの傷ついた心も次第に癒されていく。
そして迎える運命の『6日後』とは・・・?


ドリューみたいにCDを流しながら旅マップ片手に旅してーなぁと
言う方はクリック!笑
人気blogランキングへ人気ブログランキング・ブログ検索:ランブロ

人気ホームページランキング
* Orlando Bloom * 19:05 * comments(7) * trackbacks(11) *
ケリーザギャング




19世紀オーストラリア。かつてここはイギリスの流刑地としての役割を負わされ、多くの犯罪者が送り込まれてきた。
ネッド(ヒース・レジャー)の父も犯罪者としてアイルランドから送られてきた移民の一人。犯罪者の息子として不当な差別と偏見に苦しむネッドは、貧しいながらも真っ当に生きようとしていた。しかし16歳の時、無実の罪で投獄された彼は、出所すると弟ダン、2人の親友とともに“ケリー・ギャング”を名乗り銀行強盗を繰り返す。やがて彼らの行動は、イギリス支配に苦しめられていた民衆の心を掴んでいく…。


レンタル開始された、その日に借りたのですが‥
いやはや面白かったですね。
この映画では、ヒース・レジャーオーランドブ・ルームが共演してます☆

この話の主人公ネッド・ケリーは実在した人物な訳ですが、凄い奴だったんだと本当に思いました。
でも、ハッチは、この実在するネッドケリーの事を何も知らずに
オーリィが出てるって事で観てみたのですが(笑

多分、ネッドケリーについて知識とかあった方が楽しめるのかなと思いました。

無くても十分楽しめましたが、逆にあたしは見終わってから
ネッドケリーと言う人物に惚れて、彼について調べてみたくなった。
でも、各キャラクターの描写が少ないから、それぞれの個性が分かりにくくヒース扮するネッドと、オーリィ扮するジョー・バーン以外のキャラは誰が誰だか区別が付かなかった;

でも、オーリィもネッドの右腕的な存在であるジョーの役にしては本編中には思っていた程、あまり登場はしませんでしたが、オーリィの役ジョー‥‥‥
かなりの女スキーです(笑

恋人がいるくせに、銀行強盗中、部屋にいるマダムに手を出しちゃうし
でも何かそこが格好良かったりV(話がズレてる

でも、後で雑誌見て分かったんですが
ジョーが一味の中で最も高い教養を持っているとか詩をたしなみ、もの静かだったとか


絶対、映画のジョー見ただけじゃわからないよー!!




最後の場面は、ヒースや仲間達に悲しくて悲しくて涙涙でした。

オーリィ‥あんた良い役するよ!!!!
最後のあるシーンの演技に一気に涙が溢れた。

そしてヒースも素敵!この時は、まだヒースの事あまりよく知らなかったんだけど、彼の演技には惚れましたv


この当時、熱愛中だったヒースとナオミワッツをくっつけさせたのはオーリィだったと言うのは有名な話しだそう。
やるねオーリィ。

この撮影で、ヒースと共演をした事について
オーランドは、インタビューでヒースの事を『とてもいい役者!彼から学ぶ事は多かったよ』と語ってます☆




* Orlando Bloom * 22:37 * comments(0) * trackbacks(1) *